【オーストラリア】レンタカーで行くロードトリップ 各レンタカー屋さんの感想

【オーストラリア】レンタカーで行くロードトリップ 各レンタカー屋さんの感想

ロードトリップはしたいけど、その為だけに車はいらない。

当時の僕はそんな風に考えてレンタカーを利用していました。

今回は、ロードトリップで利用したレンタカー屋さんについてお話します。

実際に利用したレンタカー屋さん

HIPPE (Drift)

ホームページ:https://www.hippiecamper.com/

レンタルした車:  三菱 Express L300

 

語学学校を卒業してバナナで有名な

ノースクイーンズランドへ旅をする計画を立てました。

 

お金に余裕のなかった僕はキャンパーバンを借りれば

宿代を無くして予算を安く抑えられるかも!と考え

 

キャンピングカーのレンタルをしているお店を探していました。

 

数あるレンタカーショップの中で、一番安い料金だったのがHIPPE

HIPPE は、オーストラリアの郊外を走れば一度は目にする車です。

 

ここに決めました。その時の予約内容と金額がこちらです。

 

レンタル期間 : 二週間 (’17/8/7 ~ ’17/8/20)

料金: 1,034 AUD (乗り捨て料金150ドル含む)

燃費: 約8 km/l

ハンドル: マニュアル

仕様: 冷蔵庫、簡易ガスコンロ、食器棚、シンク等

感想

オーストラリア初のレンタルでした。

すべて英語対応になります。

 

ネットで予約をしたので当日は車を受け取り

保険の話と車の状態を確認して出発しました。

 

僕が借りようとした時期はちょうど誕生日の近くで、誕生日割引を

してくれました。全体の5%割引だったと思います。

 

27万キロも走行しているとても古い車でしたが

何事もなく運転できました。

 

後部座席は収納式のベットになっています。

昼の移動時間は荷物を置き

寝る時は荷物を前部座席に置き寝ました。

 

トランクがキッチンになっています。

冷蔵庫とシンク、食器棚がありました。

 

ベットの長さについては身長184センチの僕が

身体をぴんと伸ばしてギリギリ身体が車体に触れない程度でした。

大人二人が寝れるのベット幅です。

 

二週間の旅でしたが一度もホステルに泊まりませんでした。

車を止めたところがその日の宿泊場所です。

 

目的地に着くと無料のキャンプ場か公園を探しました。

バーベキュースタンドがあれば完ぺきです。

 

ガスボンベ2本は最初に備えつけてありますが

その後は個人で購入します。消耗品です。

 

ブリスベンからケアンズまでの道は、比較的簡単にキャンプ場や

停泊するスペースを見つけることが出来ました。

 

この時は男2人旅でしたが、旅全体の費用は1人約700ドル程度。

 

節約料理は相方に考えてもらいましたが

オーストラリアを2週間ガッツリ旅して1000ドル以下だったので

かなり安く旅できたと思ってます。

 

旅の道中もたくさんのトラベラーや現地の人と交流出来て最高でした。

Thrifty

ホームページ:https://www.thrifty.com.au/

レンタルした車: トヨタ Yaris

 

ブリスベンの友人がアデレードに遊びにくるということで

アデレード近郊のワイナリー、カンガルー島に行ってきました。

 

アデレードが初めてだった友人になるべく多くの観光地を

ということでレンタカーを借りることにしました。

 

調べた時に最安値だった車を選んで借りました。

その時の予約内容と値段がこちら

レンタル期間: 3日間

料金: 162.5 AUD

燃費: 約13km/l

ハンドル: オートマ

感想

小回りの利く小さい車を借りたので、

街乗りもワイナリーもカンガルー島も楽に運転が出来ました。

 

一般乗用車を主に扱うところなので、車は比較的綺麗でした。

 

デポジットも料金と共に支払いますが

返金は数日後に銀行口座へ振り込まれます。

 

その場で車に問題が無くてもすぐにデポジットが返ってこないのが

残念なところです。処理に時間がかかるそうです。

 

給油も三日間走り続けて、三回程度でした。

そのうちの一回は、島料金で高かったので

満タンにはしませんでしたがよく走ってくれました。

 

JUCY

ホームページ:https://www.jucy.com.au/

レンタルした車:  ルノー(RENAULT) TWINGO

旅の途中メルボルンを訪れた時、そこに住んでいる友人と小旅行しようと急遽、決まりレンタカーを借りることになりました。

当日予約で飛び込みでレンタカー屋さんに行き、空いてる車を予約しました。その時の予約内容と金額がこちら。

レンタル期間: 1日(日帰り)

料金: 60 AUD

ハンドル:オートマ

感想

JUCYもオーストラリアで見たことない人がいないくらい

たくさん利用者がいるレンタカー屋さんです。

紫と緑の車で街を走っていればすぐに気が付きます。

 

日帰りで夜遅くに返却になったのですが

24時間いつでも返却OKのサービスがあり

 

営業時間外の返却方法は、車を所定の位置に止め

カギを受付ドア近場の返却BOXに入れておしまいでした。

 

すごく画期的なサービスだと感じました。

 

これまでは帰ってくるのが遅いとわかると

もう一日レンタルを伸ばすことになり、料金が上がっていました。

 

24時間返却OKのサービスは、他のレンタカー屋さんで確認したこと

はありませんが、ある場合は旅の計画に融通が利きます。

Easy rent car (検索サイト)

レンタルした車: 三菱 アウトランダー

メルボルンで出会ったトラベルメイトとグレイトオーシャンロードを通ってアデレードを目指す旅を計画しました。

その時の予約内容と値段がこちら

レンタル期間: 三日間

料金: 300AUD (乗り捨て料金含む)

燃費: 約11km/l

ハンドル:オートマ

感想

グレートオーシャンロードは比較的、道路も綺麗に整備されているのでどのタイプの車でも走りやすいと思いました。

 

今回、SUVタイプを予約しましたがもうワンランク下の大きさでも

宿に宿泊しながら移動するなら十分でした。

 

メルボルンで車を借りる際、シティの道路は他の都市とつくりが少し違うため街を出るのに手こずりました。

 

レンタカー屋さんはたくさんありますが、サービスにさほど大きな差はないように感じました。

その時の一番安い値段を提供しているとことを選ぶ形でいいと思います。

 

Advertisement

 

まとめ

旅の期間、行き先、旅仲間、その時の空き状況などで利用する車が変わってきます。

 

どの会社も車自体のレンタル料に大きな差がない

というのが僕の感想です。

 

一見、安く見える会社も保険がオプションだったり

必要なものを揃えて行くと相場価格になると思います。

 

ただ各社、細かいところでサービス内容が異なっていました。

 

JUCY は24時間受付レスで車を返せました。

 

HIPPEはその場でデポジットを返金してくれましたが、

Thrifty は数日待たなくてはいけません。

 

まれにワンランク上の車が用意されていたり。

 

その部分を気にして借りるというより

借りた後どんな違いがあるんだろうとお楽しみ感覚で

利用するといいと思います。

 

今回は、沢山あるレンタカー屋さんから

どこで予約するか迷っている方に

実際に借りてみた感想をお話ししました。

 

少しでも参考になれば幸いです。