【フィリピン ダバオ】 お手軽リゾート!日帰りで楽しめるサマル島 行き方と料金

【フィリピン ダバオ】 お手軽リゾート!日帰りで楽しめるサマル島 行き方と料金

フィリピンはダバオに来たら訪れたい観光スポットの一つ

サマルアイランド!

 

サマルアイランドへの行き方、料金についてお話します。

 

Samal Island (サマルアイランド)

ダバオからのアクセス

主な交通手段:タクシー、車 

行き先:Sasa port ササポート(サマル島に行く為のフェリー乗り場)

料金: タクシー代 200~300ペソ ※交通状況によって変動

   フェリー代 片道10ペソ/一人 

所要時間: タクシー 30分、フェリー10分

車をお持ちの際、フェリーに持ち込めます。
料金は一般乗用車200ペソ、大型バン300~400ペソ

サマルアイランドの交通手段

主な交通手段:バイクタクシー、トライシクル 

基本的に長距離移動はバイク

近場はトライシクルでの移動となると思います。

 

場所:フェリー乗り場
降りて直進していくとたくさんのライダーたちが

元気よくお出迎えしてくれます。

 

料金:50ペソ~300ペソ/一人日 

※移動距離に比例して料金が上がります

 

僕は友人のフィリピン人と共に回ったのでとんでもない金額は

言われませんでした。

万が一、言われた場合はこちらが適正価格です。

 

実際に訪れた場所

Hagimit falls (ハギミット滝)

入場料 : 50 ペソ/一人

Cavanico il mari Resort
(カバニコ イル マニ)

入場料 : 250ペソ/人

Vanishing island
(バニッシイング島)

入場料 : 300ペソ/ボート ボートには最大4名乗れます

まとめ

今回は、弾丸でサマルアイランドに行きました。

弾丸でも気軽に行けてリゾート気分を満喫できる場所です。

 

今回だけではまだまだ周りきれていない観光スポットがたくさんあります。

価格もリーズナブルなサマルアイランドは知る人ぞ知る島なので

観光客よりも現地のフィリピン人の憩いの場所のような場所でした。

 

Advertisement