【セカンドビザ取得】 オーストラリア 北クイーンズランドのファーム情報

【セカンドビザ取得】 オーストラリア 北クイーンズランドのファーム情報

セカンドビザの申請権を手に入れるため、語学学校を卒業したあと

ブリスベンから北上してケアンズまでロードトリップをしながら

実際にファームやバックパッカーを訪れて手に入れた情報を紹介します。

 

2年前の情報になりますので、現在の各ファームやバッパーの

空き状況というよりは現地の雰囲気や立地環境など

 

当時のレントや送迎料金がどうだったかを お伝えしようと思います。

※時期は2017年の9月ごろです。

 

バンダバーグ、カブルチャーは当時あまり良くない噂も聞いていたため

聞き込みせずに北上しました。

 

Ayr エアー

Ayr backpackers

ホームページ : Ayr backpackers

レント 160AUD/week、送迎料 10$/day、時給 22.68$ (2017年)

近くにColesやWoolworthもあり生活には不便はない印象です。

複数のファームと繋がっているバッパーでどこに決まるかで

待遇が変わってくると話を聞きました。

 

バッパーの口コミにも、とても気に入って半年以上いる人や

最高のファーム生活を送れたとコメントしている人もいれば

 

お金のトラブル(送迎費やその他の経費)などでオーナーと

もめているコメントもあったので、はまる人ははまる場所なのかなと

感じました。

 

ナス、ズッキーニ、オニオンなど野菜関係のファームがあると

このバッパーの日本人に教えてもらいました。

 

Cardwell

Cardwell central backpacker

ホームページ:Cardwell centaral backpackers

レント 100AUD/week、時給 20.00$ (2017年)

知る人ぞ知る場所、カードウェル。

魚が有名な土地ですが田舎でした。

 

近くにあるスーパーマーケットはお値段高めのIGA。

バッパーの車は、そこに住んでいる人なら無料で借りることができます。

 

週に一度、みんなで買い出しに出かけることもあるそうです。

 

ウェスタンのワーホリメーカーが多く、周りに何もないので

みんなでバッパーでくつろぎビリヤードしたり

バーベキューしたりすると言っていました。

 

この場所を友人に勧められていたので当初、

ここに行きたかったのですが訪れたときにオーナーに

確認したところ、バナナの病気の発生でファームが一つ

ダメになってしまったらしく復旧するには来年になると

言われてしまいました。

 

あれからすでに何年間経っているので今はどうか

ホームページもあるので質問したい場合は

聞いてみると良いと思います。

 

Tully タリー

Banana barracks

ホームページ:Bananabarracks

レント 140AUD/week、送迎料 5$/day、時給 22.68$ (2017年)

バナナファームと言ったらタリーとなるくらい有名です。

たくさんのタイプのドミトリー(バルコニーとか家とか)があって

空きのある部屋に入ることになると説明されました。

 

タリーは、小さな町なので一か所にすべてのお店が集まっています。

生活用品や食べ物はその商店街に行けばすべてそろうと思います。

ColesやWoolworthは無く、IGAがあります。

 

こちらもホームページもあるので質問したい場合は

聞いてみると良いと思います。

メールで返信しても返信率の良いバッパーだと思います。

 

Innisfail イニスフェイル

Backpacker shack

ホームページ:Backpackersshack

レント 200AUD/week、送迎料 ※レントに込み、時給 22.86$ (2017年)

タリーがダメならイニスフェイル。バナナの隣町です。

ウェスタン多めのホステル。週末が来るとパーティーやパブに

みんなで行って飲んだりします。

 

むかいにK-mart、徒歩圏内にColesとWoolworthがあるので

車がなくても、生活に困りません。

 

マクドナルド、ドミノピザなどのファストフードもあるので

今日はファームでめちゃくちゃ疲れたから料理できないという日も

ご飯に困ることはないと思います。

 

待ち時間がなく、次の日から働けるということもあって

私はここで3カ月間働きました。

ただ難点なのが食器、調理器具は自分で用意しなくてはいけません。

バッパー向いのKmartで揃えるか、もうすぐ出ていく人の物を

頂くかして揃えます。

 

こちらもホームページもあるので質問したい場合は

聞いてみると良いと思います。

ここのオーナーは日本人がよく働くので好きなので

比較的に前向きに考えてくれます。

例え英語に自信がなくても、ここで働いている日本人に通訳を

してもらってオーナーと会話できるので英語が出来ないからと

考える必要はないです。

 

Mareeba マリーバ

Riverside caravan park  &
HOWE FARM

ホームページ:Howefarms

レント 75AUD/week、送迎料 ※自前の交通手段が必要、時給 22.68$ (2017年)

マリーバには複数のキャラバンパークがあり、

ファームで働く人はほとんどの人がこのキャラバンパークで

生活していました。

ワイルドライフが好きで、家賃を抑えたい人にはお勧めの場所です。

 

Howe farm というデカいファームがあり

そこに連絡するように勧められました。

基本的にはバナナのファームになります。セカンドビザが取得可能かどうか

自分でファームに確認する必要があります。

 

ただ賃金はファームジョブの中では高い方で、23ドルは当時

あったかと思います。

 

Tolga トルガ
atherton アサトン

Tolga backpackers

ホームページ:Tolga-backpackers

レント 190AUD/week、送迎料 ※自前の交通手段が必要

バナナ以外に芋、ズッキーニなどの他の野菜ファームもあります。

セカンドは取れますが複数ファームを所持しており

日数カウントか期間かどうかは確認しないといけません。

 

当時は満席と言われたため確認しませんでした。

 

近場に、Coles等のスーパーマーケットを見つけることが出来ませんでした。

周りは殺風景ですが、大きな道路に面した立地です。

 

バッパーは、他のホステルに比べると気持ち小さかったと思います。

ここもウェスタンのワーホリメーカーと筋肉もりもりの

黒人ファーマーがいましたが、アジアンはいなかったと思います。

 

番外編 Cairns ケアンズ

Gilligan’sのMonique(モニーク)さん

モニークというおばさんが沢山のファームジョブを紹介していました。

150ドルの登録料は払いますが

必ずセカンドビザの取れるファームを見つけてくれるそうです。

 

ファームが見つかるとモニークさんが話をつけてくれ

Gilligan’sからファームまでは無料のバンが出るそうです。

 

モニークさんはGilligan’sのバーにいます。

 

バーカウンターもしくはGilligan バックパッカーのカウンターで

モニークを探してる旨を伝えるとモニークを呼んでくれます。

 

まとめ

情報は2年前のものになるので

現在の料金等は異なっている可能性があります。

一度、ホームページから確認してみることをお勧めします。

 

当時はどこにどんなファームホステルがあるのか

調べてもなかなか見つからず

実際に行ってみないとわからない状況でした。

 

これからファームを探す、場所を移動したいと思っている人の

参考になればと思い、まとめてみました。

 

ファーム選びは最終的に自己判断です。

自分に合ったファームと他人が合うファームは全く違います。

 

連絡を取ってみた時の相手の対応、

写真から見る雰囲気で直感的に良いなと思うところにするべきだと思います。

 

Advertisement