ワーホリ 帰国時 日本へお金の持ち帰り方 トランスファーワイズを使用してみた

ワーホリ 帰国時 日本へお金の持ち帰り方 トランスファーワイズを使用してみた

ワーホリも終わる頃、

働いて貯めたお金を日本に持ち帰るための方法を調べてみると、

トランスファーワイズ(Transferwise)というサービスを発見しました。

 

スマホで操作できて、手数料を安く抑えられる画期的なサービス!

 

今回は、ワーホリや留学を終えて日本に帰国する人が、

 

海外の銀行口座から日本の口座に送金する場合の

 

トランスファーワイズについて、このサービスを利用した感想と

実際にやってしまったミスとその注意点についてお話しします。

 

当時の状況

まず始めに、当時の状況を説明します。

オーストラリアの銀行 : NAB (National Australia Bank)を利用
 
日本の送金先 :ゆうちょ銀行に決定
 
送金額 : 約5,500 AUD

帰国前に準備したことと注意点

NAB支店にて

・海外送金限度額の変更

一度に送金できる金額の上限を引き上げました。

通常NABでは、2,500AUDが一回の取引の上限に設定されています。

 

・非居住者への登録変更

帰国後に日本から送金を行う必要があったので

口座解約をしない方向で対応しました。

 

利息等にかかる課税処理を自動で行ってくれると

ネットの情報にありましたので非居住者へ登録変更をしました。

 

・オーストラリア出国後の連絡先の登録

NABのアプリを開き、右下の「More」→「My details」といくと

現在の自分の登録状況が確認できます。


 

My Details の中のSMS Securityの登録内容を

日本の携帯電話の番号に変更する必要があります。

 

トランスファーワイズ側で申請する際に

本人確認としてSMSに送られてくる暗証番号を打ち込む必要があるからです。

 

SMS Securityの番号は通常、Contact Numbersと同じになっているはずです。

 

僕はこのことを知ったのが帰国後だったので、

国際電話でNABに連絡し変更してもらいました。

 

現地支店でこの連絡先の変更が可能か試してないのでわかりませんが、

一度帰国前に確認してみるといいと思います。

 

Transferwiseにて

トランスファーワイズの口座を開設しました。
トランスファーワイズのホーム画面:https://transferwise.com/signout

 

ホーム画面右上の「口座を開設する」よりメールアドレスと

自分の考えたパスワードを登録し簡単に開設できます。

 

その後は、「お客様情報」、「受取人情報」、「確認する」

と順に進めていきます。

 

この辺の詳しい操作方法は、「トランスファーワイズ やり方」等で

検索するとたくさん情報が出てきます。

 

これで準備完了です。

 

帰国後に行ったこと

 

トランスファーワイズを開き、ログインします。

送金したい金額と換金したい通貨を選択して次へ

 

受取人口座を指定します。

事前に作成した受取人口座または新規作成して指定します。

 

ここで僕は自分のゆうちょ口座を指定しました。

登録内容を確認し、問題なければ確認ボタンを押します。

 

ここで注意!これは実際に犯したミスですが

トランスファーワイズで登録する口座名義と

送金先の口座名義は一語一句同じでなくてはいけません。

 

勘違いしがちですが、ローマ字とカタカナは全く違うモノになります。

トランスファーワイズ側と銀行側を同じものにそろえなくてはいけません。

 

僕はこのミスで、何度かTransferwiseの本部とメールでやり取りをして

修正することになりました。

 

トランスファーワイズ側の

ゆうちょの登録名義を ローマ字からカタカナに変更し再度登録しました。

 

全ての項目の確認が終わったら申請します。

すると送金依頼を受付したとメッセージが来ます。

 

数日後、問題なければ無事に送金が終わります。

 

Advertisement

 

まとめ

僕の場合、ゆうちょの名義(カタカナ)とトランスファーワイズ内のゆうちょの登録名(ローマ字)が不一致で本部からメッセージが来ました。

 

これにより何度もやり直しが発生してしまいましたが、登録内容を修正し直すと次の日には全額無事に送金されました。

 

多少トラブルがありましたが、本部からの連絡はマメに来ましたし、何が原因なのか質問するとちゃんと説明してくれました。

 

全て英語での対応になりますがワーホリをちゃんと生活してきた方なら朝飯前の簡単作業で修正できます。

 

それに手数料が安く、わざわざ換金所などに向かわなくても良い。

24時間どこでもいつでも送金出来るこのサービスは、

これから主流になると思います。

 

日本から海外への送金は、手続きにマイナンバーやその他の手続きが必要になってきますが

 

海外から日本へ送金する場合は、

送金したい金額、オーストラリアの口座情報、日本の口座情報を入力すれば

送金可能なのですごくシンプルです。

便利なサービスでした。