ワーホリ失敗?後悔するなら移動しよう!あなたのワーホリはそこで終わりじゃない!

ワーホリ失敗?後悔するなら移動しよう!あなたのワーホリはそこで終わりじゃない!

「ワーホリ 後悔」や「ワーホリ 失敗」などで検索すれば

ワーホリに対するネガティブな情報がたくさん出て来ます。

 

けど、だからワーホリしないなんて勿体無いと思います。

 

たしかに現地でワーホリしてて後悔してる人や

モヤモヤしてる人にも会いましたが

そういう人はそうでない人に比べて行動してないです。

 

それって、どこにいても同じ事だと思います。

たまたま海外にワーホリに来てるから、人と違うことしてて

ちょっとだけ注目されてるだけで

 

日本でも同じように何も行動を起こさなかったら何も起こりません。

それをワーホリのせいにしてしまうのは違うと思います。

 

けど、最初から全て計画通りに行くことなんてないですよね。

ましてや海外。予想外の連続だと思います。

 

けどワーホリを後悔するかしないかはそこからが勝負で

 

そこで「やっぱりね」と思ってしまうか

切り替えて「よっしゃ次」と考えられるかだと思います。

 

そもそも最初からうまく行くことはほとんどありません。

けど、あなたの頭の中にはその問題の解決策が

何個かあるはずです。

 

例えば仕事選びの際に、競争力の激しい大都市で探すのか

人口の少ない町に移動するのか自分で決められます。

 

同時に2つのアイデアを試すのは難しいですが

1つずつ可能性のある行動をとって

ダメだったら次というスタンスで進めていくしかないです。

 

その失敗はあなただけの経験になるので後々、同じ失敗はしないし

帰国した時のめっちゃおもしろい笑い話になったりします。

 

もしあなたが今の環境にモヤモヤしてるなら

すぐできる行動として生活する場所を変えるべきです。

ワーホリビザの強みは好きな時に好きな場所に移動できることです。

 

そこで今回は、定期的に移動し続けてきた僕の経験を踏まえて

生活拠点を移動するメリットをまとめてみました。

 

移動するメリット1

リセット出来る。

もう最初にして最大のメリットです!

 

僕はこの辺がRPGゲームの感覚に似てて大好きです。

ダメだったらやり直す。

 

場所を移動すればあなたの過去を知っている人はいなくなります。

 

よくあると思うのですが、いきなり今までの自分を変えて

周りの人にドン引かれたり不自然に思われたりするのが嫌で

そのまま現状維持してしまう場面。

 

そりゃ、周りの人からしたら

いきなりあなたの性格が変わってしまったら驚きますし

何かあったのかと不思議になります。

 

けど、あなたは自分で考えていたアイデアの一つを試して

何かイメージと違ったからモヤモヤしてるわけで

 

そのアイデアの過程で出会った人には驚かれるかもしれませんが

 

もうモヤモヤしてる時点であなたの最初のアイデアは

違ったんだなってわかってるわけです。

 

あなたの経験値が1つ上がったってことです。

 

そしたら、さらにレベルアップする為には

今ある生活を捨てて、次の道を進まないと

いつまでたってもモヤモヤが解消されません。

 

そこで思い切って場所を移動するのです。

 

移動してまた別の場所で違うアプローチで新たなワーホリを始めてみる。

 

そうすると必ずまた新たな経験ができます。

それが失敗するかもしれないし成功するかもしれない。

けどどっちに転んでもまた経験値が上がります。

 

そして、新しい土地にはあなたを知る人間はあまりいません。

いきなり180度違った性格になろうが

誰にも驚かれることなくスムーズに新生活をスタート出来ます!

 

これがメリット!

 

移動するメリット2

前回の失敗を活かせる。

新しい場所に来た時にやらなくてはいけないことは同じです。

家探し、仕事探し、友達作り。

 

これら全てをすでにあなたは前の土地で経験しています。

その時にAとBの選択肢があってどちらかを選択してきたと思います。

今度は違う方を選択していくだけです。

 

最初の家探しでは、何に気をつけて選べばいいかわからなかったけれど

今度はわかると思います。

 

仕事探しも何を選択してどんな職場になったか

友達作りもどんな人とつるんでどんなコミュニティになったか。

 

前回のあなたが選んだ結果の良いところ、悪いところは

あなたが一番よくわかっているはずです。

 

それを活かして今度は最善の選択を取っていくだけです。

 

前回の家探しの時は、全然余裕なくてインスペクションも

一軒しか行かず、とりあえず安いところで選んでしまったから

今度はたくさん見て、どんな家があるのかじっくり見ようとか

 

前回の仕事探しは、とりあえずお金がなくて時給18ドルでって

言われて働き出したけど、物価の高いシティで

家賃払って、ご飯食べたら全然やっていけないことが分かったら

次の仕事は絶対18ドル以上じゃないとやらないとなります。

 

生活する場所を移動すると、過去の失敗を速攻で生かせるのが

メリットの1つ!そして同じミスをしない事で生活水準を上げていく。

 

移動するメリット3

背水の陣で行動力が上がる。

 

何もない所ではやるしかないのでとにかく活発な人間になります。

本当に環境が人を変えるので、

自分は行動力がないからとかは言い訳だと思います。

 

生きる為にやらなくちゃ行けなければ絶対にやります。

そして絶対に見つかります。

 

何も不可能なことをやろうとしてるわけじゃないです。

ただ行動力をあげて目の前の可能性にかけていく。

 

そして、気づいたら自分の納得する生活を手に入れられると思います。

僕はそうでした。

 

一番最初は、ルームシェアもハウスシェアの違いも

分からずこの部屋安いと思って決定して

ルームシェアでプライベートがどれだけ大事か身に染みたし

 

また別の場所ではWi-Fiを突然止められてシェアメイトと

揉めたけど次は絶対そんなことにならないように

人を見る目養ったり、インスペクションも大切にしたりしました。

 

そのおかげで最後はめちゃくちゃ仲のいい、今でも連絡を取り合う

気さくなオージーと住むことが出来たし、パーティーもたくさんしたし

たくさん経験するから、最善の選択ができるんだなと思います。

 

仕事探しも、生活に余裕を持てる時給の高い仕事を手に入れるまでは

1日だけのキャッシュジョブなどで生活をつないで

その間に絶対見つけると意気込んでました。

 

仕事探しの為にネットで申し込んだり、ビラ配ったり

とにかく動き回って、違法賃金で雇ってくるところはどんなに

お金に困っても断ってきました。

 

それは、たとえそこで働いても最終的には不満になると

分かっていたからです。

 

別に貯金を意識したわけではないけど

最終的には、それなりに貯金もできて、おいしいご飯も食べれて

あのとき妥協しなくてよかったと思います。

 

それとあの時に養った行動力は、帰国後の就活にも活かされてるなと

感じました。このメリットは今後に生きてきます。

 

Advertisement

 

まとめ

この繰り返しで新しい場所へ移動していくと

オーストラリア中に知り合いができます。

 

また、昔の知人と久しぶりに会うとあなたの成長ぶりに

驚かれることもあると思います。

 

ワーホリは失敗だったとか、後悔してるとか言ってるのなら

今すぐにでも場所を移動して新しい生活をスタートするべきです。

 

それが出来るのがワーホリビザの強い所だと思います。

 

日本ではそんなことできないです。

 

転出届出して、住所変更して、

家も入居するのに敷金礼金と莫大な費用を取られ

行動しようとするモチベーションを下げる要素満載です。

 

ワーホリしかできないフットワークを使って

失敗したらどんどん先に進む癖をつけて

 

どんどん自分の経験値をあげていけば、ワーホリで失敗とか

後悔とかなくなると思います。

 

それにワーホリに来てる時点で後戻りとか考えても

何か成長した姿を日本にいる人に見せないと

中途半端な奴だと思われてしまいます。

 

けど、異国の土地に長期滞在することは

視野を広げたり、異文化を学んだり

とても意義のあることです。

そうやって、帰国後に成長した姿を見せられるようになるのは

素敵なことだと思います。

 

ワーホリが思ってたのと違うと思っても、

悲観的にとらえず、前向きに接することが大切かなと感じます。